社会福祉法人​ 隠岐共生学園

たまゆの杜

共に暮らし、共に生きる
​  皆が喜びを分かち合う家。

社会福祉法人隠岐​共生学園

無題3.png

基本理念

無題3.png

1. 共生(ともいき)の精神を基調として、施設運営を

​  推進します。

1. ご利用者、ご家族、そして地域との結びつきを

  重視して、人間としての幸せな生活を共(とも)に

  支えていくことを実現します。

1. 地域福祉の拠点として、施設そして在宅と地域

  社会の期待と要請に応え、地域の方々と

​  共(とも)に喜びを分かち合うように努めます。

隠岐共生学園概要

隠岐共生学園は、女子教育の必要性を感じた

名越隆成氏により、大正13年に「隠岐華頂女子学園」

として発足し、翌14年には幼稚園を開設しました。

昭和4年に、これまで行ってきた社会事業を統一して

「隠岐共生学園」と名称を変え「総合隣保社会事業所」

として保育・授産等の事業を行ってきました。

 

昭和13年の社会事業法の制度に伴い、社会事業団として

積極的に拡大評価を図り、社会情勢の変化に伴い、

その時代の要請に応じた事業を展開してきました。

その間、内閣大臣奨励金をはじめ、各種財団等からの

特別助成金や十数回にわたり御下賜金の拝受を受ける

など社会事業団としての基礎を固めました

 

昭和26年の社会事業法の制定を機に、恩恵的社会事業

​から脱却して従来行ってきた社会事業を統一し、体系化

された社会事業を行ってきて現在に至っています。

法人紹介動画

​(就職フェア 2020.9.12)

無題2.png